【AOI BREWING×Yupiteru+】Irorinoオリジナルビール製作⑥~瓶詰めして完成~

こんにちは!矢崎です(^^)/

AOI BREWINGさんと共に、開始したオリジナルビールの製造。
前回は、ラベルデザインを見ていただきました!

実は、記事更新が間に合わず(=_=)完成までの工程を全てお伝えする前に、
昨日よりめでたく発売を開始することができました(∩´∀`)∩

こちらからどうぞ→SHIZUOKA BLACK

本日は、追っかけまして、ついに完成「SHIZUOKA BLACK」イエーイ!ということで、瓶詰めの風景をお届けしたいと思います。

洗浄&二酸化炭素注入

約1か月間の時間をかけ、完成したSHIZUOKA BLACKを瓶詰めしていきます。

まずは、先日ラベリングした瓶を洗浄すると同時に、鮮度保持のために二酸化炭素を入れていきます。

充填

大きなタンクから管を通って瓶にビールを入れる機械まで到達。※正式名称は不明ですが、ここでは充填機と呼んでみます。

充填機のボタンを押して、あっという間に瓶の中は、一定量のビールで埋まりました。

閉栓

一定量のビールが詰まった瓶の隣に設置されている閉栓機で、すかさず蓋をしていきます。

充填と閉栓。
これを、お二人で流れ作業し、SHIZUOKA BLACKが生まれていきます。

洗浄&乾燥

あとは、瓶の外側を軽く洗浄し、乾燥させ、冷蔵庫で冷やして納品と言った流れです。

うちの子、なんとも立派なビールになりましたよ✨

時には、子供のお薬のような味がしたあの黒い液体が、こんなに立派なビールになるなんて!!!!感動です!!!

製造現場に立ち会った私にしか分からないであろう(と思いたい)贅沢な乾杯のひと時でございました!感無量!!

手前味噌で恐縮ではありますが、平成最後の黒ビールに相応しい完成度です!!!ありがとう!AOI BREWINGさん!!!( ;∀;)カンドー

SHIZUOKA BLACK

色は、赤みを帯びた深い黒が美しく、一口飲んで突いて出る言葉は、「濃い!」でした。

私としては、黒ビールが苦手な方にも飲んでほしいスカッとした苦みがあります。

ちなみに、一緒に乾杯したスーパードライ好きのハットさん曰く「スーパードライ好きに進めたい黒ビール」という出来栄えです。

親バカではありますが、「うまい黒」がここにあります!

まとめ

多くのお客様に飲んでいただきたい!

飲んでいただければ、SHIZUOKA REDやSHIZUOKA GOLDなどのシリーズ化も夢ではないな!と妄想しております。

120%宣伝で申し訳ないのですが、多くの皆さんに是非飲んでいただきたいビールが出来上がったんです(`・∀・´)エッヘン!!

他県の方へのお歳暮にもおすすめです。皆様是非ご賞味ください(^^)/

あなたへのおすすめ:カンタンおいしい食材が届く!頒布会

難しい調理は不要で手軽に食べられて美味しい、“プチ贅沢”な食材を月2回お届けする頒布会「Irorino My Gift(イロリノマイギフト)」。
おいしいものの宝庫・静岡の食材をあなたも味わってみませんか?

Irorino My Gift DECEMBER 2016 First Box 「金豚王セット」新年を寿ぐ“めで鯛”セットIrorino My Gift SEPTEMBER 2016 Second BoxIrorino My Gift DECEMBER 2016 Second Box

Irorino My Giftについて詳しく見る

PAGE TOP

© Irorino / Yupiteru+