静岡のおふろcafe bijinyu~美肌湯~(びじんゆ)レポート

ご無沙汰しております。レベル33になったやっさんこと矢崎です。(テレレ テッテッテーbyドラクエ)

今夏は猛暑、酷暑と言われておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
とにかく、熱中症にだけはならないように、気を付けなければならないですね!

余談ですが、私が幼いころは、熱中症という言葉は聞いたことがなく、「熱射病になるに!(静岡弁)」と、よく大人に注意されていた覚えがあります。

いつからか熱中症という言葉が広まり、熱射病と言葉にする人がいなくなったという印象です。

そうだ!おふろカフェに行こう!

さて、暑いときに辛い物を食べて汗をかくという、逆説の冷涼方法がありますね。

辛い物は好きだけど、そんな気分じゃない今日の私は、同じように汗をかいてさっぱりすっきりすることはないかと考え、出かけた先が「おふろcafe bijinyu~美肌湯~」さんです。

※本日は、ドすっぴんのため、ワンコにて失礼いたします<(_ _)>

到着して早々に思ったことを正直に言いますと、
どう考えても「びじんゆ」って読めないよね!?めっちゃキラキラネームじゃん!と思いました(笑)

“美肌”と書いて“びじん”と読むみたいです。
物心ついた時に読んだマンガに“本気”と書いて“マジ”と読ませる台詞がありました。それと同じ匂いを感じますね!

気になる料金は!?

美肌湯さんの料金システムは、2パターンあります。

・時間制(タオル・館内着なし)

時間制ですと、60分580円~で、“サクッとお風呂だけ入りたい”なんていうニーズの方には、時間制がおすすめです。

特に男性は、ドライヤーもしないという方もいらっしゃると思いますので、そんな方には60分で事足りるかと!

サクッと入りたい女性の方は、ドライヤーの時間を考えると、90分を目安に利用されたらいいのではないかと個人的には思います。

・フリータイム(タオル・館内着あり)

しかしながら、“ゆっくりすること”を目的に来られる方には、絶対にフリータイムがおすすめです!

200円を払って会員になれば、午前10時~午前1時まで1,180円で滞在することができ、これだけ時間があれば、お風呂も読書もお食事も時間を気にすることなく楽しむことができます。

通常料金でフリータイムを利用する場合は、1,380円。
入会料金分200円の差ですので、会員になった方がお得な気がしますね!

女性はもちろん、男性も、珈琲好きも、お仕事にも納得の設備!

事前に美肌湯さんから、「仕事で利用される方もいらっしゃる。」ということを伺っていた私。

それをキャンプなどのアウトドアが大好きなハットさんにお伝えしたところ「開発(アプリなど)合宿で利用できるかも。」と興味津々だったため、視察もかねて、2名で来店いたしました。
※私が食べ物メインにお話させてもらっているばっかりに誤解を招いているようなんですが、実はうちの会社ってIT系なんです(笑)

確かに、美肌湯さんは、こんなハンモックでぶらぶらできる場所もある一方で、

Wi-Fiも飛んでますし、テーブル席もありますので、

PCさへ持ち込めば、私たちのような企業の方も利用できそうです。

それに、仕事のお供である珈琲が無料なんですよ!素晴らしいですね!

私もこの珈琲をいただきましたが、大変美味しい珈琲でした。
いつも飲んでるインスタントとは大違いです。無料だからって舐めてかからずに、ぜひ飲んでみてくださいね!

ブラブラ、ゴロゴロ、漫画にゲームに楽しみ方はあなた次第♡

早速ハットさんは、珈琲と共にテーブル席で仕事を始めておりましたので、私は館内をブラブラしてまいりました。

美肌湯さん曰く、「最近は書籍にも力を入れている。」とのことで、1階には書籍コーナーがあります。

あ、タイトルがそそられる本があるな~なんて思いながら、更にブラブラ。

とにかくいちいちおしゃれです(笑)センスを感じますね~。

そういえば、「バスで来店する中高生グループも。」と仰っていたのを思い出しました。
こんなにおしゃれだと、どこを撮ってもインスタ映えしちゃいますもんね。

今回は中高生の姿は見られませんでしたが、驚いたのが男性客の方や老夫婦の方も多く利用されていること!

わたしと同年代の女性ばっかりかと思っていたんですが、考えてみれば、マンガもあるしお風呂もあるしゴロゴロできるし、満喫よりお得感ありますし、男性の利用客がいらっしゃるのも無理ないですよね!

何より満喫に比べて清潔感があります!(ごめんなさい、だいぶ偏見です。最近のマンガ喫茶はかなりキレイなところもいっぱいありますよね。)

くつろいでいる皆さんを拝見し、ご夫婦の憩いの場として利用したり、お仕事したり、利用方法は人それぞれだな~。と思ったところです。

個人的には、数人で来店し、お風呂後に人生ゲームを楽しみたいとたくらんでいます。

1ページ目 2ページ目

PAGE TOP

© Irorino / Yupiteru+